三弘の人間力評価制度

三弘には人間力評価のファイルがあります。
そこには三弘が考える、人間力を高めるためのステップがあります。
三弘ではそのファイルに基づいて、月に1回振り返りの面談を行います。

そのファイルには難しいことは書いてありません。
例えばこんなことが書いてあります。

 スピード力
電話、メール等はその日のうちに
何らかの回答をし、
次の行動に移すことが出来る。
 クレーム対応能力
上司にすぐに
報告することができる。
 計画力
一般日報を
毎日記入できる。

どれもやると決めてやれば、難しいことではありません。
三弘が一般の社員に求めることはこういったことです。
一つ一つ簡単なことを積み重ねていくことが人間力につながると考えています。

営業も売り上げ目標やノルマはありません。 やるべきことは、もっとシンプルにしてあります。例えばこんな形です。

定期訪問件数月間に面談した人の数

目標は会う人の数です。お客様に連絡を入れて、会っていただくようにすることが営業の最初の仕事です。
売上ではなく、 人とのつながりとコミュニケーションができることが評価につながります。

係長・課長・部長と出世していけば、この内容が変わっていきます。より高度な行動方針が登場します。さらに、課長以上には、部署の売上が評価として加えられます。逆に言えば、係長までは行動だけが評価されます。

「できたか・できなかったか」ではなく「やったか・やらなかったか」が評価されるのです。

やると決めたことをやることが、三弘の考える人間力です。
最初は難しいこともあると思いますが、少しずつでいいのでそういう行動をとっていけるように一緒に成長していってほしいと考えています。

三弘の仕事

三弘は創業70年の歴史がある、東海地区を中心に日本中で、
社会に役立つ計測機械を提案・販売・メンテナンスする会社です。

創業70年
昭和21年に三弘商会としてスタート。サザエさんの連載開始と同じ年。
東海地区
お客様のほとんどが東海地区。責任をもって長くお付き合いする仕事です。
社会に役立つ計測機械
創業時は日本の戦後復興、高度経済成長期は災害・公害対策、今は環境保護や環境改善のために必須な計測器を取り扱っています。
提案・販売・メンテナンス
売ることではなく、トータルプランナーとしてお客様に必要な技術商品を提案・紹介することが仕事です。

新卒のあなたへのメッセージ三弘は先行投資型の評価制度です。

三弘の評価制度は人間力評価で、年間1,000点満点で評価されます。
その評価で社員はステップアップするのですが、入社してしばらくの一般社員の評価はこうなっています。

600点未満1ステップアップ

600点以上2ステップアップ

最初はみんなアップ。うまくできた人は2ステップ、なかなかうまく取り組めなかった人は1ステップアップです。
社会人になって、 会社という慣れない環境で頑張っているということには1ステップアップの価値があると考えています。

三弘の中には秘密の給与チャートがあります。

入社してからどういうペースで給与が上がっていくのかを示したチャートです。社員が、30代で家を買うことが出来ることを目標に作っています。無駄遣いをしたら、無理かもしれませんが・・・。

そうやって一歩一歩進んでくれた社員が、きっと10年後20年後に会社を支える社員になってくれると思っています。
人間力はすぐには育ちません。だから、若い社員にすべてを求めたりはしません。
少しずつ成長して、いつか大きな力になってほしいと思っています。

社員インタビュー

総務部 宮木万菜弥
出身校学部 愛知学院大学 文学部 日本文化学科

Q1働いてみての感想
経理メインで仕事をしていますが、入社式の準備をしたり、最近は求人活動にも関わらせていただいています。自分次第でいろいろなことに挑戦できる環境があり、更にはそれをしっかり評価してもらえるので、挑戦することが好きな人には向いている会社だと思います。
Q2なぜ三弘に入社することに決めたのか
計測機器が「世の中から絶対になくせないもの」だと感じたからです。三弘の説明会に参加する前までは、自分たちの当たり前を「支えているもの」があるということにすら注意を払ったことがありませんでした。水が美味しく飲めるのも計測機器があるから。そんな当たり前を支えるための計測機器を販売している営業さんを支えたい。そう考えて入社を決めました。
Q3女性として働きやすい環境ですか。
それはなぜですか。
働きやすい環境にあると思います。入社当初は男性ばかりの職場で、自分と年齢が近い人がおらず、正直不安のほうが強かったです。しかし、営業さんも部内の先輩も「女性だから」という目線で見てくる人は一人もいません。一人の「人」としての評価をしっかりしてくれる職場です。
Q4新卒の就活生へのメッセージ
是非、いろいろな企業を見て回ってください。実際に会社で働いている人の話を聞いたり、会社の雰囲気を知ることができる機会は就活中でしか味わえません。様々な企業を見て回ることで自分がやりたいことも見えてくると思います。その中に三弘が入ったら、うれしいなあと思います。

営業部(本社環境計測G) 白石敦巳
出身校学部 南山大学 人文学部 心理人間学科

Q1働いてみての感想
入社する前は『計測器』に関しての知識や業務内容があまりイメージできませんでしたが、実務に就くようになり計測器が様々な分野で活躍・貢献し、その貢献に三弘がかなりの度合いで関わっていることを知りました。また、業務によってはスーツを着たり作業着を着たりと一般的に想像するような‘ザ・営業’ではなく、日により様々なキャラになれるのも面白いと思います。
Q2なぜ三弘に入社することに決めたのか
中小企業ながらも東海県内で様々なお客様と繋がりのあるところ、また特に私の興味のあった防災分野での事業も積極的に展開しているからです。
Q3長く働きやすい環境ですか。
それはなぜですか。
ニッチな分野ではありますが、どの分野においても必要とされる機器を販売し常に最先端をゆく商材を取り扱っているので、プロフェッショナルとしての意識をもちながら働くことができると思います。また、分からないことがあれば先輩・上司にフォローしてもらえる環境なので、長く働きやすい環境だと思います。
Q4新卒の就活生へのメッセージ
仕事はこれからの人生の中で、生活の大半の時間を占めるものになります。だからこそ、楽しく・前向きに毎日働ける職場が重要だと思います。就職活動はみなさんが主役ですから、一つの分野に絞らず様々な仕事を見てください。

先輩社員が語る三弘の社風


社長メッセージ

「確かな計測技術で日本を元気にする」

―――同じビジョンを持つあなたに、本気で期待しています。

「中小企業が大げさな…」そんな風に感じる方がいるかもしれません。
しかし、私たちは本気。大マジメです。三弘の専門分野である「計測技術」がこれからの日本企業の未来を支え、元気にできると信じています。

――三弘が目指す未来を、ともに創り出してくれる方。
――仲間と価値観を共有し、同じビジョンを持てる方。
――未来を見据え、常に挑戦し続けられる方。

そんな新卒のあなたに、私は本気で期待しています。
即戦力を目指す必要はありません。
時間をかけてゆっくりと自分の人間力を育んでほしいと思います。自身とともに会社を成長させてくれる方を、お待ちしております。

募集職種・選考フロー

  • 営業
  • 技術職
  • 選考フロー

営業

営業職では、三弘が取り扱う計測機器をクライアントに提案・販売します。
営業といっても、流暢なセールストークは必要ありません。三弘の営業は、強引に機器を売り込むのではなく、クライアントの役に立てることを自らが発見し、提案します。既存アイテムの中から要望に沿った機器を紹介することも大切ですが、将来的には「このアイテムのこんな点が役に立ちますよ!」と、クライアント自身も気付かない要求を汲み取り、提供する『技術のコーディネート』ができるようになってもらいたいと考えています。
また、他社や自社の開発部門と力を合わせて当社オリジナルアイテムを開発することもあります。
自分次第で、無限の可能性を生み出せる――当社の営業だからこそ得られる、やりがいの一つです。

営業
坂本 史華 (新卒入社 3年目) 愛知淑徳大学出身

「自動車の未来的な製品を作るための研究で使う、計測機器の提案をしています」

具体的には、自動車関連メーカーから「部品の図面サイズを正確に測定するために海外メーカーの3次元測定器を使っている。しかしメンテナンスに1~3ヶ月の時間がかかり、これでは仕事がしにくいので国内メーカーでいいものを提案してほしい」等のご要望をいただきます。 こんなご要望を受け、国内のメーカーから最適な提案をするのが、私の仕事です。

営業の一日

  • 8:00出社。メールのチェック・資料作成
  • 9:00外出。お客様の元へ訪問します。この日はデモ機の導入なので、準備をします。
  • 10:00準備ができたら、デモ機のスタートです。実際に使いながら、説明をしていきます。
  • 12:30昼食
  • 13:30帰社。メールチェック・注文書の発注処理をします。
  • 15:00メーカー同行をして、商品を納品したり引き取りをしたりします。少し、ハードな作業が続きます。
  • 18:00帰社。見積書作成、メーカー勉強会に参加します。
  • 19:30帰宅。

技術職

技術職は、クライアントの所にある計測機器のメンテナンスを行います。独自のアクティブサポートを行っているのが、三弘のメンテナンスの特徴です。決められた定期巡回や不具合の対処だけではなく、時間を見つけて積極的にクライアントの元へ通い、機器の不具合を未然に防ぎます。この仕事は三弘ブランドの価値向上や、クライアントとの信頼関係を築く重要な役割です。
また、メンテナンス業務は、三弘のサービスの中でも著しい成長を見せる部門のひとつです。
もともとは三弘が納入していた機器のサポートのみの対応でしたが、その質の高いサービスが評判を呼び、他社製品にわたるまで依頼が殺到しています。

三弘計測サービス(株) 技術部
岡本 直也 (入社 6年目) 名古屋工業専門学校出身

「環境計測機器を絶対に止めてはいけない。使命感を持って行動しています」

計測機器の点検や修理をし、計測機器が24時間キチンと稼動するようにアクティブサポートをしています。アクティブサポートというのは「言われたことしかしない」ではなく「言われたこと以外にプラスして」改善点があればお客様に提案することをいいます。
例えば、計器全体を見てよく壊れるところをチェックしたり、簡単な修理をしたり、担当の方にメンテナンスの方法をお伝えしたり、点検後に月一回無償でお客様のところへ訪問するということもやっています。アクティブサポートすることにより、お客様から信頼をいただける仕事です。

技術職の一日

  • 8:00出社。
  • 9:00外出。お客様挨拶、作業開始
  • 12:00お昼ご飯
  • 13:00作業再開
  • 16:00作業終了、お客様にご報告
  • 17:00帰社、報告書作成、伝票処理
  • 18:00帰宅。

選考フロー

応募フォームよりエントリー
会社説明会
一次面接
二次面接
社長面接
内定

募集要項

「どんな人材を求めているのですか?」――学生によく尋ねられます。
しかし、私たちが求めることはたったひとつ。
"未来に同じビジョンを持ってくれる人"。ただ、これだけです。

文系の人、理系の人。
社交的な人、そうでない人。
明るく元気な人。ひかえめでおとなしい人。

どれもすべて、個性のひとつにすぎません。
みんな違って、みんないい。選別はしません。そのままのあなたを見せてください。
個性を、大事に。私たちと同じ、三弘の未来を描いてくれる「あなた」をお待ちしています。

送信中...